【キッズメダル】ぶっとびストライカー

2020年9月12日キッズメダル,コナミ

Pocket

データ

リリース:1994年

メーカー:コナミ

最大プレイ人数:1人

最高BET枚数:3枚

どんなメダルゲーム?

コナミキッズメダルシリーズの1つとして1994年にリリースされたメダルゲーム。

主人公である青髪少年リッキーくん。今回はサッカーに挑戦。

リッキーが他に挑戦したスポーツもチェックしてみよう。

カンフーキッド

しゅりけんボーイ

ダムダムボーイ

なお、この年を最後にリッキー選手は引退?した模様。

遊び方

メダルは3枚までBETできる。数字の書かれたボードめがけてボールをシュート。

ボードに当たれば数字に書かれた分のメダルが払い出される。

つまりPKである。当然、ゴールキーパーがいるのでボールをガードしてくる。

ゴールキーパーは象、ウサギ、カマキリの3種類いるが、性能に違いは無い。

なお、キーパーが何もしなくてもシュートが決まらないことがよくあるので、

リッキー君はそこまでサッカーが上手くない模様…

最高枚数は99枚(3BET時)。また、高配当アタリには確定演出があり、シュートした時に、

背景が夜だったら確定アタリとなる。また、シュートが決まらなかった後に、隣の低配当ボードに

リッキーがヘディングシュートして当たることもある。

ただ、ヘディングシュートアタリは基本的に低配当アタリなのでそんなに嬉しくない。

中の人からのコメント

個人的には、BGMが素晴らしいメダルゲームです。

もちろん、演出面、ゲーム性も良い作品だと思います。

コナミキッズメダルシリーズの完成度の高さが伺えます。

動画

2020年9月12日キッズメダル,コナミ

Posted by MEPR